外付けHDD

カテゴリー:お勧めアイテム

ここまで推していれば、、、、って感じですが、外付けHDDは使い勝手もいいし、コストパフォーマンスも高いので、データをバックアップするための機器としては一番のお勧め製品になります。

外付けHDDの選択ポイント

ディスク容量も気になるところですが、ディスク容量は価格と直結している部分でもあるので、選択ポイントと言うよりは「予算とのトレードオフ」になると思うので、無理なく購入できる価格帯から選ぶのが一番簡単です。

その他で重要になるのはパソコンと接続するためのインターフェイスになります。

インターフェイスの種類でみると「USB」「FireWire」の2種類が一般的ですが、ウィンドウズマシンだとUSB、MacだとFireWireがメインになると思います。

また、それぞれ規格がいくつかあって、USBでは「USB2.0」と「USB3.0」が、FireWireでは「FireWire400」と「FireWire800」があります。

どちらも数字が大きい方がデータの読み込み、書き込みが速くなっていますが、それぞれケーブルの形状が違うので、パソコン側が対応していないと使えないので注意が必要です。

コメントする
上の情報を保存する場合はチェック