データ紛失を避ける基本は、データ分離

カテゴリー:お勧め構成

データを守るためにのカテゴリーでも書いていますが、パソコンに使われている記憶媒体であるHDD(ハードディスク)は決して万能ではなく、結構壊れやすい機械になっています(SSDは少し良くなったと聞いていますが)。

しかも、パソコンを動かすのに最低限必要はOS(オペレーティングシステム)も複雑な構成になっているため、ファイルが一つ壊れただけでパソコンが起動しないという自体に陥ってしまいます。

HDDのトラブルはもちろんですが、OSが壊れてしまいパソコンが起動しないとデータを取り出すことは不可能になってしまいます※1

HDDのトラブル、OSのトラブルが起こらないのが一番だとは思いますが、これらを避ける方法は正直言ってないのが現状です。したがってデータ紛失を避ける場合は、HDD、OSにトラブルが起きても対応できるような準備を整えておくことにあります。

※1 OSが壊れたHDDを取り出して、専用の治具を使い別のパソコンで呼び出すことも可能ですが、経験的にデータを呼び出せる可能性は五分五分です。

トラブル対応の2ステップ

トラブルが起きる前提で考えたときに対応として2つのステップがあります。

1、「OSとデータを分けること」
1、「作業データとは別にデータをバックアップする」

OSとデータを分けることで、OSのトラブルが起きたとしてもデータを守るようにし、HDDのトラブルが起きた時を考えてバックアップを取るようにしておきます。

データは物理的に分けて管理する

HDDの運用方法には、一つのHDDを分割する方法(パーテーションを切るといいます)もありますが、この方法だとHDDのトラブルの場合は一緒に壊れてしまいますから、データ紛失を避けるためにはあらかじめ複数のHDDでデータを管理しておく必要があります。

HDDのトラブルももちろんですし、OSが壊れたとしてもHDDが分かれていれば、OSを修復(主に再インストールになります)すればすぐに作業をすることができます。また復旧に時間が掛かったとしても別のパソコンに接続して使うことも可能です。

データの取り扱いのイメージはこんな感じ
データ取り扱い構成

このように、データを分けて管理しておけばHDD、OSのトラブルが起きたとしても、被害を最小限に止めてデータを守ることができます。

もう一つのポイントとして、データを分けて管理するデバイスはHDDならHDDと、NASならNASと同じもの同士で組み合わせるほうがデータを復旧させるとき、及びバックアップを再設定するときに楽になります。

コメントする
上の情報を保存する場合はチェック